おすすめのCBDグミ

1粒25mg以上!高濃度のCBDグミを紹介

CBDが高濃度のグミが知りたい!

効果をよくしたいだけど1粒25mg以上配合のCBDグミってあるの?

この記事では、このような疑問にお答えします。

↓↓↓このサイトの運営者↓↓↓

 
サイト運営者
CBD兄貴 CBDオタク。
3年前からCBDを摂取し、その効果を実感。
CBDについて正しい情報を発信しようとこのサイトを始めた。

 
CBDアニキ
すぐに疑問を解決したいという人は、まずはこちらを読んでみてね!

内容をまとめると...

CBDグミには1粒あたり25mgも配合されているものがある

CBDが高濃度だと「睡眠の質がよくなる」「集中力がアップする」「あらゆる痛みを軽減する」効果が実感しやすくなる

CBDグミで1粒あたりのCBDが高濃度であってもおいしくなければ食べ続けることは難しい

おいしくてさらに高濃度のCBDグミは「+WEED」「HEMP BABY」「CBDFX」

この3つのメーカ0のCBDグミは、1粒あたり25mgのCBDが配合されている

「+WEED]は、CBDを含むカンビナジオールだけでなく麻全体が配合されている(ハイスペクトラム)CBDグミがある

そのため、CBDの効果を実感しやすく、おいしさもバツグンなので続けやすい

「HEMP BABY」は、味はとてもおいしいものの、ハイスペクトラムではない

「CBDFX」はハイスペクトラムでないが味は気軽に食べられる風味となっている

CBDグミを選ぶときには「CBD高濃度」だけでなく「おいしさ」にも注目するのがおすすめ

CBDアニキ
おすすめのCBDグミは以下のページで解説しているのでぜひ読んでみてください!

最強CBDグミおすすめランキング 

1粒25mg以上!高濃度のCBDグミを紹介!

CBDタヌキ
1粒25mg以上も配合されたCBDグミってあるの?
CBDアニキ
はい!CBDグミのなかには、高濃度のものも販売されています。

しかし、実際にCBDグミを購入するときにCBDが多く配合されているグミを見分けるのは難しいですよね。

安い値段に惹かれて購入したらてCBDがあまり配合されていなかったなんてことも。

この記事では、1粒あたり25mg以上ものCBDが高配合されているCBDグミをご紹介します。

CBDアニキ
今後CBDグミを購入する際にはCBDの濃度も調べるといいでしょう。

一覧表でCBD1粒あたりの濃度を比較!

さまざまなオンラインショップなどで色々なCBDグミが販売されています。

そんな数あるCBDグミのなかで「おいしい!」と感じたCBDグミだけ、1粒あたりのCBD濃度を調べてみました!

誰しもCBDの効果を存分に堪能するためにCBD濃度が高いグミを選びがちですが、それがおいしくなければ食べなくなってしまいます。

つまり、お金がもったいないことになってしまうのです。

CBDアニキ
どうせ食べるなら「おいしくてCBD効果がある」ものがいいですよね。

ということで、以下表はおいしいと感じたCBDグミの1粒あたりのCBD濃度です。

1粒あたりのCBD濃度 効果の実感 コスパ 香り’(匂い) 味の評価
+WEED 25mg ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★ S
HEMP BABY 25mg ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ S
CBDFX CBDグミ 25mg ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ A
GREEN BULLDOG 20mg ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆ B
CBDグミ RECLIA 20mg ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ A

今回は、CBDグミのなかでも有名なメーカーのグミについてお伝えしています。

「CBDグミを試してみたい!」と一度でも考えたことのある方は、おそらくどこかで見たことのあるメーカーではないでしょうか。

これらのなかで特にCBD高濃度となっているのが「+WEED」「HEMP BABY」「CBDFX」になります。

この3つのメーカーのCBDグミは1粒あたり25mgもCBDが高濃度配合されています。

そのため、CBDの効果は実感しやすいです

また、その他にもおすすめしたいポイントがあるため、ランキング形式にしてCBDが高濃度で配合されているCBDグミをご紹介します。

1位:+WEED CBDグミ【1粒あたり25mg&フルスペクロラム】

「+WEED」は、格闘家ボブ・サップさんがモデルをつとめる国内外で人気のあるCBDメーカーです。

「+WEED」のCBDグミには、1粒あたり25mgのCBD成分が配合されています。

また、「+WEED」が販売する製品はすべてフルスペクトラムとなっています。

ポイント

フルスペクトラムとは、CBDの主成分となるカンビナジオール以外で麻に含まれている成分が”全て”含まれている商品のことをさします。

要するに、他社ではCBDグミに配合するCBDを生成する過程で、効果が期待できる物質もろ過してしまうところを「+WEED」ではそのままの成分が入っているということです。

このため、「+WEED」のCBDグミは他社のグミよりもCBDの効果が得られやすいのがおすすめポイントです。

これまでに他社のCBDグミを食べても全く効果が出なかった方にこそ一度でもいいので食べてほしいグミとなります。

2位:HEMP BABY CBDグミ【1粒あたり25mg】

第2位でおすすめするのは、「HEMP BABY」のCBDグミです。

HEMP BABYのCBDグミには、1粒あたり25mgのCBD成分が配合されています。

そのため、CBDの効果を実感しやすいのがおすすめポイントです。

しかし、第1位でご紹介した「+WEED」とは異なり、フルスペクトラムではありません。

「+WEED」ほど効果が実感しやすくはありませんが、味はとてもおいしいのでCBDグミ初心者の方やおいしいCBDグミに出会ったことがない方におすすめです。

3位:CBDFX CBDグミ【1粒あたり25mg】

最後にご紹介するのは「CBDFX」のCBDグミです。

CBDFXのCBDグミには、1粒あたり25mgのCBDが高濃度で配合されています。

フルスペクトラムではなく、味としてもHEMP BABYのほうがおいしく感じたため3位となっています。

味も格別まずくなく、気軽に食べられるおいしさです。

「CBDの効果を実感したい」という方におすすめのCBDグミになります。

高濃度のCBDグミは効果を実感しやすいことがメリット

CBDタヌキ
高濃度グミはなぜ効果を実感しやすいの?
CBDタヌキ
それとCBDグミの具体的な効果も知らないから知りたい!
CBDアニキ
ここではこの2つの疑問にお答えします

CBDグミに含まれているCBD(カンナビジオール)成分によって以下の効果が得られます。

ポイント

①ほどよく心地よい眠気を誘う

②さまざまな痛みを緩和する

③自律神経を整えて集中力アップ

つまり、CBDグミには不眠症対策・痛み対策・集中力アップ対策ができるということです。

また、CBDグミに含まれているCBD成分は医療現場で実際に患者さんに使われているケースから安全に服用できる成分といえるでしょう。

これらのCBDグミの効果は、グミ1粒あたりに配合されているCBD成分が少ないとなかなか実感できません。

例えで鎮痛剤のお話おしますね。

頭痛がして鎮痛剤を飲んだものの、「なかなか頭痛が治らなかった」ということはありませんか?

これは、服用した鎮痛剤のなかに配合されている鎮痛成分が少ないために、痛みの原因である炎症が起きている部分に働きかける成分が少なくなり、炎症がおさまりにくくなっている原因が考えられます。

※別の病気を発症している可能性もあります。

つまり、CBDグミにおいても、CBDグミ1粒あたりに配合されているCBD成分が多いほうが効果を実感しやすいのです!

CBDグミは食べる量が決められているメーカーもあるので1粒あたりのCBD含有率が高いほうがいいですね

また、さらに詳しくCBDグミの効果について知りたい方は以下の記事もあわせてお読みください。

CBDグミの効果は?キマるって本当?効果がない人の特徴は?

高濃度のCBDグミは食べ過ぎに注意

高濃度のCBDグミを食べると効果を実感しやすいとお伝えしました。

でもそうすると「CBDグミはたくさん食べればいいじゃないか」と勘違いする方がいらっしゃいます。

CBDアニキ
実は、高濃度CBDグミは食べ過ぎるのは絶対にやめましょう。

CBDグミには、いくつか副作用が出ているとの報告もあるからです。

ポイント

〇眠気が強くなりすぎて翌朝起きられない

⇒死んだように眠り続けることも。

〇お腹が緩くなりくだしてしまう

⇒CBDに含まれているポリデキストロースが原因。

 

CBDアニキ
翌朝に大切な用事や仕事がある場合には大量摂取は控えたいですね

食べ過ぎて集中力があがりすぎて「逆に眠れない」という方もいたので、CBDグミ発売メーカーがさだめる食べられる量を必ず守るようにしましょう。

さらにCBDグミの食べ過ぎに関して知りたい方・実際に食べた際の効果を知りたい方は、ぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

⇒【実体験】CBDグミを食べすぎるとどうなる?正しい食べ方は?

-おすすめのCBDグミ

Copyright© CBDリキッドおすすめナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.